日々是好日

女満別|博物館|網走監獄|北海道④

2015年01月05日 担当:通販事業部 田中

北海道の旅、最終日。

4日になると、年始のお休みも終わる場所もあり多少観光場所も開館してきます。

博物館の網走監獄に行ってきました。

博物館でもちょっと気分が。。
監獄なので楽しい気分ではなかったです。

0140

 

監獄入ってすぐの場所の木にリスがいました。 自然があればどこにでも動物はいるんですね.

0131

134

 

まったく知識がないので、博物館の看板に説明書きがあったのでその書かれていた内容を記載させて頂き、
紹介したいと思います。

 

【鏡橋】
●網走刑務所の外塀に沿って流れる網走川に架かる橋を、収容される時、出所の時必ず渡らなければなりません。「川面に我が身を映し、襟を正し、心の垢をぬぐいおとす目的で岸に渡るようにと」誰言うことなしに鏡橋と呼ばれるようになりました。
網走刑務所鏡橋は現在迄に4回に亘り架け替えが行なわれておりますが、この鏡橋は、京都五条の大橋に付けられている擬宝珠を模倣し作られた網走刑務所二代目鏡橋の面影を残し再現しています。

鏡橋

 

【看守控え室】●この部屋は、正門担当看守の控え室です。正門をくぐり抜けると、行刑区域に入りますので、不審な人を入れないように、看守が門前に立って勤務しています。しかし、悪天候の日や記録簿に記入するなどは、この部屋で執務しました。

DSC_014

DSC_0148

 

【面会人待合室】
正門内には、受刑者に面会に来た者のための待合室が設けられていた。正門担当看守に、面会の申し込みをし許可を待ち、看守に先導され所内に入り、面会を行なった。面会については、厳しい規則があり、認められないこともあった。

DSC_0150

 

【網走刑務所の旧庁舎】
本建築にみる紋章入りの破風をのせた正面車寄せ、押し上げ式の窓、木造下見張りは、明治10年前後、学校や官公庁の建築にみられた様式で、和洋折衷の「擬洋風建築」といわれています。この庁舎は明治42年の火災焼失後、同45年に再建されたもので、網走刑務所の管理棟として使用されていました。昭和63年10月、博物館網走監獄に移設保存されました。

DSC_0153

 

【庁舎】
明治45年(1912年)に建てられ、昭和63年(1988年)まで網走刑務所の事務所として使っていた建物です。和洋折衷の斬新な建物の内部は、最高責任者の典獄室をはじめ、面会所、総務課、用度課、教育課、作業課と区切られ職員が職務遂行に向けて夜間も仕事をしていましたので、電燈が消えることなく灯っていたため、最果ての不夜城と呼ばれていました。

DSC_0155

 

【典獄室】
刑務所の最高責任社の部屋です。最高責任者のことを監獄時代は典獄と呼んでいました。明治10年(1880年)代の典獄は監獄だけに限らず、警察署長・駅長・郵便局長等主要な役所のポストを兼務していたほどで、典獄の権力、地域に及ぼした影響力がわかります。この情景は、典獄が食事の検査をしているところです。食事は刑務所内部で作りますので配膳前に必ず検査を行います。

DSC_0160

 

【接見室】
ここは、一般受刑者が面会する金網の仕切の入った接見室です。必ず看守の立会いのもと行なわれました。面会時間は最大で30分です。現在は金網の代わりに防弾ガラスを間仕切りに使うようになっています。

DSC_0162

 

【面会所】
現在までに面会の規則は何度か変っていますが、ここでは1930年代の様子を再現しています。手前は、成績の良い受刑者が使うことを許された間仕切りのな い面会室です。普通、面会は奥にある金網の仕切りの入った部屋を使い必ず看守の立会いの元に行なわれていた。現在では金網の代わりに防弾ガラスを間仕切り になりました。新法の規則では、優秀な受刑者は月に7回まで面会が許されています。

DSC_0164

DSC_0165

 

【接見室】
ここは、規律違反がない行状のよい受刑者が面会を行なっていた接見室です。面会人と受刑者の間に仕切りがないので直接話すことができます。この情景は、昭和初期の面会の様子を再現しています。

DSC_0168

 

【懲罰房】これは樺戸(現在の月形町)集治監の懲罰房です。この房の立ち並ぶ周囲は木塀でおおい、その中を闇堂といい、房は外から光が入らないようにつくられ「闇室」とよばれました。獄内規則を犯した受刑者が7昼夜重湯のみがあたえられて入居させられました。

DSC_0170

 

【煉瓦造り独居房】
明治時代、監獄内の規則を守らない者には食事の量を減らし、一定の期間生活させる罰がありました。窓のない真っ暗な、この独居房での生活は受刑者にとって大変つらい生活でした。この煉瓦造り独居房は、明治末期に造られ、平成3年3月に博物館網走監獄に移設しました。

DSC_0172

 

【浴場】
大勢の者が寝食を共にする刑務所では、皮膚病などが流行しやすく、そうした衛生面からも、浴場は欠かせない施設のひとつで且つ1日の作業終了後、受刑者にとって入浴は楽しいひと時でした。網走刑務所では「差湯方式」の浴場が明治42年の大火で焼失後、コンクリートの浴槽に蒸気で湯を沸かす当時としては、まことに近代的な浴場でした。

DSC_0184

女満別|カニ自慢の宿|友愛荘|北海道③

2015年01月04日 担当:通販事業部 田中

北海道の旅、3日目。 北海道の道の駅に寄ってみました。

DSC_01281

 

年始であちこちお休みが多く、年始はあまり観光向けではないようです。 近くにオホーツク流氷館というところがあるみたいなのでそっちに行ってみたいと思います。 0129

 

改装中でオープンしている箇所が少なかったのでパッとしませんでしたが、 流氷が展示してある部屋がありました。 実際の流氷はもう少しあとの時期でないと見れないようです。 展示室では濡れたタオルを振り回すと、カチカチに凍りました。 ちょっとした実験みたいで面白かったです。   天気もよく、雪は積もってましたがさらに雪に降られることはなく、 動物もちょこちょこ出てきてあちらこちらで見ることができました。

 

本日は鹿と出会いました。

shikaDSC_00081

探さなくても結構いろんな動物に遭遇しますヨ^^

 

車で走っていると、アイヌ民族村という場所がありました。 民族っぽい独特な感じがする建物が多かったです。お店は閉まっていたのでちょっと残念でした。

 

DSC_00181DSC_00171

DSC_00161

 

次は、マリモが見たくて阿寒湖へ行ってきました。

0020

 

阿寒湖って湖ですがほとんど凍っていました。
氷の上にテントがたくさんあったのですが、何しているのかとても気になりましたが、
何だったんだろう…。

019

0021

 

マリモの展示場所とかあるのですが、年始はお休みでした。。。
下調べが悪かった為、1日プラプラして結構中身のない旅になってしまいました。。
次回はきちんと開館日を調べてこようと思います。
年末年始ってこんなにお休みのお店が多いんですね。

プラプラ探検していたら、あっという間に夜になってしまいました。

今日の夕食は・・・。

カニでした^^
せっかく北海道来たら、美味しいカニを飽きる程食べておかないと^^

0023

3日同じ宿にて宿泊しましたが、最終日が1番豪華に感じました。

0024

0025

 

 

女満別|カニ自慢の宿|友愛荘|北海道②

2015年01月03日 担当:通販事業部 田中

北海道2日目。

今日もいい天気。晴天。
晴天でも寒いですが・・・。

北海道の海って見ててもなんか寒く感じます。
空も青くて綺麗。

DSC_0076DSC_0077

 

車を停めてちょっと休憩。
って、ここ海との境目ほとんどない!?
海しぶきめっちゃあがってきてて、歩いて足滑らしたら落ちちゃう・・・

DSC_0079

 

観光スポットに到着。
【オシンコシンの滝】日本の滝100選に選ばれた滝です。

DSC_0085DSC_0086

DSC_0087DSC_0090

 

ここの階段滑るし急なのに走って下まで降りてる子供が2人も!!
危ないけどすごいな。
自分は手すりを使ってゆっくり降ります。

DSC_0091

 

川のとちゅうで色の違う所を発見。
近くに行って触ることはできないが、あれは温泉なのかなぁ。

DSC_0094

 

まだ15時くらいですが、だんだん暗くなってきました。
月も見えて風情があります。

DSC_0103

 

雪が積もってないとこはスイスイ行けるので、もっとあちこち探検・散策。
車で走っていたら、あれってキツネ。。
って、めっちゃ近くにいますけど。

DSC_0107

近づいてきた。。。

DSC_0109

通りすぎて・・・

DSC_0111

行っちゃった。

DSC_0112

こんなに近くでみたのは初めてです。
しかも、人間怖がってない??

今度は林の中にキツネ発見。 って、こんなあちこちで簡単に出会い過ぎ?!

DSC_0113

約17時。 もう真っ暗です。灯台に来ましたが、暗いと怖いです。 【納沙布岬灯台】 本土最東端の地で1番早く日が昇るそうです。

DSC_0117

 

暗いので宿にワープ== 今夜はカニではなくお刺身。

DSC_01201

 

お肉。

DSC_0122

 

カニ。

DSC_0124

 

鍋。さっぱりしていて汁物なのですが、ちょっと飽きたかも。

DSC_0125

 

美味しいけれど地域が違うと毎日はちょっと飽きちゃうかもしれないです。

女満別|カニ自慢の宿|友愛荘|北海道①

2015年01月02日 担当:通販事業部 田中

冬の北海道は雪が多く、めちゃめちゃ寒い印象があります。
実際に行ってみたらすごい雪です。
気温がマイナス…寒いです。

訪れた際に雪は積もってはいましたが、降ってはいなかったのはラッキーでした。

DSC_0029

 

北海道で車で走っているとナビに湖と記載があるのにどこにあるんだ・・・。
走っているうちに気づきました。
湖はほぼ凍っていて、その上に雪が積もってます!!

DSC_0040

湖はどこだーと景色を眺めていたら、キツネがカラスに攻撃されてます。
キツネも負けじと戦ってます。途中で見えなくなってしまいました。
どっちが勝ったのでしょうか。

DSC_0044

 

走っても走っても雪道。。
見通しのいい雪景色。車の中はあったかいけど、外の気温はマイナス。。
北海道って大自然です。

DSC_0023 2DSC_0031

あ、向こうから飛行機が飛んできた。
空港が近いからだけど、なんかあまりに近くてちょっと怖いです。

DSC_0025 2DSC_0028 2

 

北海道の道路を走っていて電柱にある矢印はなんだろう…

DSC_0033

路肩を指してるんですね。
ここまでが道路ですって。初めて見ました。
夜はこの矢印光ってちゃんと見える様になってました。

宿に到着。

DSC_0055
北海道って外はホントに寒いのに、外が寒すぎるせいか部屋の中は暑い位です。

DSC_0046

せっかく北海道に来たので、本場のカニが食べたく、カニ自慢の宿に泊まることにしました。
窓から見える景色も大自然です。ってか、障害物になりそうな建物とかなくて広い。。広大です。

DSC_0047DSC_0048

朝は部屋の窓、寒くて凍って開きませんでした^^;

 

泊まった宿のロビーにはお出迎え様の甘酒とお酒がありました。
みかんも。

DSC_0053

 

今日はイベントがあるそうです。

DSC_0058

餅つきっていつぶりだろう。。。
まだ臼ってあったんですね、懐かしい。

DSC_0073

もちをついた後は、あんこをおもちにくるんで大福?にして食べました^^
個人的にはおしるこがとても好きなのでおしるこにいれて食べたかったなぁ。

DSC_0075

DSC_0074

ここの宿って昔ながらのゲームコーナーがあったんですが、
とってもレトロな感じです。
懐かしいものや見たことのないものまであります。

DSC_0052

DSC_0051

 

新鮮な気分になりました。

 

夕食はお待ちかねのカニです^^
じゃーん!!
調理してくれてるので、これは見た目だけ。カニミソと足を頂きます!!

DSC_0059DSC_0065

 

カニの酒蒸し。
食べたことないあじでふっくらしていて美味しいです。
ただ、ちょっとお酒の味がするので苦手な方は苦手かも。

DSC_0062

 

お鍋とカニの甲羅グラタン。

今日はカニづくしです。

DSC_0063DSC_0068

鍋の最後は雑炊で〆。

DSC_0069

って、いつも思いますが、旅館のご飯はとっても美味しいですが、
量が多くて食べきれない…。
もったいないので何か分量が調整出来たらいいな。。

ふぐ料理

2014年12月15日 担当:suidousetubiadmin

フグって初めて食べた時は、味がなく何がいいのか全く分かりませんでした。
何度か食べる機会があり、ふぐ料理がおいしいと思うようになりました。

唐揚げが1番好きです。

1匹さばいて頂くとフグのコースが楽しめます。

まずはお通し。

DSCN1100

ふぐ刺し。
ポン酢を付けて食べますが、たくさんつけるとポン酢の味しかしなくてしょっぱいので
ちょっとポン酢付けるのが私のオススメです。

DSCN1101

 

 

1番好きなフグの唐揚げでーす。
ちょっと骨は邪魔ですが、唐揚げ最高です。

DSCN1104

フグの炭火焼。
これは初めてです。焼肉みたいですが、フグ焼きです^^

DSCN1105DSCN1107DSCN1110DSCN1109

ふぐの鍋、てっちりを食べて、最後は雑炊です。
でも、いつも最後まで食べる前にお腹がいっぱいです…

DSCN1112DSCN1113DSCN1114

ふぐ1匹満喫しました^^

 

松葉ガニと毛ガニの食べ比べ|蒸しで対決!!

2014年12月12日 担当:suidousetubiadmin

カニで1番好きな調理方法は蒸しです。

初めて松葉ガニを食べるのですが、蒸しで食べてみたいと思います。

DSCN1093

毛ガニの蒸しが1番好きなので松葉ガニの蒸しと食べ比べてみます。

DSCN1094DSCN1096

身がつまってぎっしりでした。
カニの種類によってカニ味噌の味も違うし甘みも違うんですね。

個人的にはやっぱり毛ガニが好きですね^^
口に残る後味が好きです。

初めての鯛茶漬け

2014年12月03日 担当:suidousetubiadmin

初めて鯛茶漬けを食べました。
あまり鯛を食べる機会がないので、わざわざお茶漬けにして
食べたことがなかったので鯛茶漬けの感動を忘れないように記念撮影しちゃいました。

 

ジャーン!!鯛茶漬け。
どうやって食べればよいのか…

DSCN1089

 

とりあえずダシをかけます。

DSCN1091

なんのソースか・・これをかけて食べるようですので、かけます。

DSCN1092

上品なあっさりした味でした。
さらさらと食べれてしまいます。贅沢なお茶漬けといった感じです。

ちょっと贅沢なので次はいつ食べれるか分かりませんが、また食べたいですね^^

野生の王国|群馬サファリパーク

2014年11月30日 担当:suidousetubiadmin

動物を間近で見ようと思い、群馬県サファリパークに行ってきました。
専用バスでコースを周ることも、自分の車で周ることも出来ます。ただし、車に傷がついた場合などの保証はないようです。

車でゆっくり走っているとあちらこちらにいろいろな動物がたくさんいます。

DSCN1025DSCN1027DSCN1028DSCN1030DSCN1032

 

エサを購入してエサをあげることも出来ます。

DSCN1034DSCN1039DSCN1062

 

有名なカピバラさんもこんな近くで見れます^^

DSCN1047

ライオンにエサをあげることが出来るエリアですが、さすがに近すぎるとちょっと怖いです。

DSCN1058

こっちを見てます…ホワイトタイガー。かっこいいですね。

DSCN1059

車を走らせていると、ゾウが!!!攻撃されないのかちょっと不安です。体当たりされたら負けます・・・。

DSCN1068

なんか、地響きのような唸り声が聞こえてきました。
ライオンが普通に近づいてきたのですが、ちょっと狙われているのか、今回1番恐怖を感じました。ご機嫌が悪かったのでしょうか・・・。

DSCN1080

間近で見れる楽しさとたまに怖さも感じ、自然はもっと危ないのかも知れませんが、自然に近い雰囲気を味わえたので新鮮な気持ちになりました。

たまには身近に野生の動物を感じるのも勉強になります。

 

しかい、今回ライオンには本当にビビりました・・・。

草津|湯畑

2014年11月29日 担当:suidousetubiadmin

草津に行くと硫黄の匂いがあちこちからします。
昔はこの匂いを臭いと思っていましたが、今ではこの匂いの虜になり好きになってしまいました。

湯畑は見て楽しめ、匂いも楽しめます。

DSCN0972DSCN0974DSCN0978DSCN0980

いろんな角度から見て楽しめ、なんかほっとします。

DSCN0982DSCN0983DSCN0984DSCN0985

湯畑の写真をたくさんいろんな角度からはりましたが、どれも好きな写真です。湯畑って好きなにると見てて飽きないんですよ、これが。足湯できる所もあり、何をする訳でもなくつい、ウロウロとして時間を使ってしまいます。

硫黄の温泉を使ったゆで卵も近くで販売されていました。
たくさん食べたくなりますが、1つだけ買って食べます。贅沢な一品です^^

DSCN0991DSCN0990

 

DSCN0987DSCN0988DSCN0989

 

ちょっと時間をおいて、次は夜に湯畑に来ました。
夜は周りもライトアップされイルミネーションも楽しめます。

DSCN1010DSCN1011DSCN1013

夜は、湯畑は湯気もしっかり見えるので、湯気を浴びながら散歩しているようです。

DSCN1015DSCN1017DSCN1018

硫黄や硫黄温泉好きにはたまらない場所ですね。

明るいうちから夜まで1日楽しいです。